女の人

インフルエンザの予防薬で万全な体制を整える

防ぐためにどうするか

男の人と女の人

インフルエンザを防ぐ方法としては高い効果がある予防接種が圧倒的に高い人気で多くの人に選ばれています。ただ、予防接種をしたからといって100%防ぐことができるわけではない点に注意してください。日常の生活で手洗いうがいをしっかり行う、人ごみを避ける、電車内でマスクを付ける等の対策を行ってください。

もっと読む

ウイルス感染を防ぐには

考える夫婦

毎年流行するインフルエンザは、一度発症すると高熱にうなされ、他人に感染させてしまうリスクもあるために完治するまで外に出ることも出来ません。それゆえに厄介な病気なため、感染しないための予防方法が脚光を集めています。

もっと読む

冬を元気に乗り切るために

男性

インフルエンザを予防するには、正しい知識を身につけて確実に実践することが大切です。手洗い・うがい・健康的な生活習慣に加えて、予防接種も効果的です。罹ってしまった場合には、外出を控えたりマスクを着用したりして感染の拡大を防ぐことも重要です。

もっと読む

冬に流行するウイルス

ウィルス

ウイルスと症状の特徴

インフルエンザは風邪とは違い比較的度の症状も重くなります。風邪は細菌、ウイルス、温度の急激な変化によるものが挙げられますが、インフルエンザはウイルスのみです。症状として喉の痛み、咳、倦怠感・だるさ、関節や背中・筋肉の痛み、頭痛、高熱などが挙げられます。熱は39〜40℃の高熱が出ることが多く、数日続きます。特にお年寄りはそのまま肺炎になるリスクも高いので予防が重視されます。小さいお子さんも合併症や脱水症状に注意が必要です。もしかしてインフルエンザと思ったら病院に行き薬を処方してもらいましょう。ウイルスの潜伏期間は3日と言われていますので、その間に受診してもインフルエンザと診断されません。日が経って症状が重くなったら再び受診しましょう。インフルエンザは予防できるものなので、日常生活の予防対策が大切になってきます。

対策と意識

インフルエンザの予防として、外出先では人混みではマスク、帰ったら手洗いとうがいを忘れないようにしましょう。マスクは表の面は触れないように処理します。外出中にはアルコール消毒液を持ち歩くと安心です。髪の毛や衣類にもウイルスは付着していることもあり、そのまま室内に入ってしまうと感染が心配されます。なるべく外で払ったり、入浴時間を早めたりと対処しましょう。室内では乾燥は避け、加湿をこころがけます。適切な湿度は40〜60%で、40%を切るとウイルスの繁殖率が高くなります。50%は超えるように加湿器を常備して予防することが大切です。湿度が高すぎると別の細菌の繁殖が心配され、食中毒の原因ともなるので注意です。