ウイルス感染を防ぐには|インフルエンザの予防薬で万全な体制を整える
ウーマン

インフルエンザの予防薬で万全な体制を整える

ウイルス感染を防ぐには

考える夫婦

日常生活に取り入れて

インフルエンザは冬頃によく流行する感染症であり、風邪とよく似た症状ですが、風邪よりもつらい症状の病気です。しかしその予防方法に関しては風邪と基本的に共通している部分もあり、たとえば基本的な手洗いやうがい、マスクなどは風邪にもインフルエンザにも有効な予防方法として有名です。しかしこれだけでは十分予防することは難しいのがインフルエンザなので、こういった予防方法以外にも、インフルエンザが流行してきたら人込みなどへの外出を避けたり、室内は乾燥を防ぐために湿度を保つようにするといった工夫なども効果的です。さらにインフルエンザでもっとも効果的な予防としては、流行前にワクチンを接種するという方法です。この方法ならば直接体内へワクチンを接種しているのでウイルス対策になるために、他の予防方法よりも確実性があり、毎年流行前の時期には病院が混雑するほどワクチン接種を受ける人も増加しています。

風邪と似ているけれど

インフルエンザは風邪と似ているために、ワクチンを別にすれば予防方法も共通している場合がほとんどです。ただし風邪よりも急激に発症し、高熱など症状も重症という特徴があります。またウイルスにもいろいろ種類があり、たとえワクチンを受けたとしてもそのウイルスに対応していない場合は、発症してしまうこともあります。そんなインフルエンザは、しかしながら風邪同様に免疫力を高めることも対策として有効なため、日頃からの運動や食事、身体を温める入浴方法などの日常生活の工夫によって、免疫力を高めておきましょう。ちなみに免疫力を上げることは、他の病気の予防にも効果が期待できます。それに加えて流行時になったらうがいや手洗い、マスクなどを使用し、インフルエンザに負けない体を作りましょう。