防ぐためにどうするか|インフルエンザの予防薬で万全な体制を整える
ウーマン

インフルエンザの予防薬で万全な体制を整える

防ぐためにどうするか

男の人と女の人

圧倒的な人気がある

インフルエンザは11月頃から発症する人が出てきて、1月から3月にかけてピークを迎えます。発症してしまうと高熱や咳、頭痛、筋肉痛、関節痛といった症状が生じ、外出することができなくなるので予防したいと考えている方が多くいるはずです。予防する方法としては、予防接種が圧倒的に人気が高くなっています。その要因は高い効果があるからになります。風邪と異なり発症してしまうと仕事などに支障が出てしまうので、効果がある方法を選択しているようです。2〜3日程度であればいいですが、重症化してしまうと1週間以上も休まなければいけない可能性があるので、せめてインフルエンザが重症化するのを防ぎたいと考えている方も多くいます。

100%防ぐことは不可能

インフルエンザの予防接種を受けることは間違いなく良いことですが、予防接種を受けたからといって100%発症しないわけではないので注意しなければいけません。予防接種をしなかった人に比べて、発症する可能性が低くなるだけなので、普段の生活から行える対策をしないと防ぐことができません。普段の生活でインフルエンザを予防する方法は手洗い・うがいをしっかり行う、人が多くいるところはできるだけ避ける、電車を利用する際はマスクを付ける等の対策が挙げられます。特に電車内でマスクを付けることはかなり重要です。電車内でインフルエンザにかかってしまうケースが多くあるので、通勤・通学で毎日利用する方はマスクを付けることを忘れないでください。